JCBの支払い方法ショッピングスキップ払いとは?

日々、クレジットカードを利用していると、1回で支払えるつもりでいた買い物代金が急な出費があったために支払えなくなる時があります。

ただ、リボ払いにすると支払う利息が高額になってしまうため、まとまったお金が入る時に全額一括で支払ってしまいたいと思うものです。

そんな利用者の思いにこたえた支払方法が「ショッピングスキップ払い」です。

JCBの1回払いは毎月15日締めの翌月10日払いですが、ショッピングスキップ払いに申し込むと、1回払いの支払い月を利用者の指定する支払月(最大6ケ月後)に変更でき、その月に利用金額と手数料を一括で支払うことになります。

ショッピングスキップ払いへの申込

ショッピングスキップ払いを利用するには、支払い日の5営業日前までにJCBの会員サイト「MyJCB」で手続きをするか、JCBの電話窓口に連絡します。

なお、支払いのスキップは明細ごとにできるため、例えば、当月に日用品や食料品などの他にエアコンを購入した場合、エアコンの支払いだけをスキップさせることが可能です。

「あとからリボ」や「あとから分割」と違う点

ショッピングスキップ払いが以前からあった「あとからリボ」などと違う点は、先延ばしした支払いを一括で支払うということです。

例えば、1回払いの予定で買い物をした20万円の支払いができなくなった時に、あとからリボにすると2万円を10回とか、1万円を20回というように支払っていきます。

しかし、ショッピングスキップ払いの場合は、決済月に20万円を全額1回で支払います。

ショッピングスキップ払いの手数料

支払いを延期した分当然、金利を負担しなければならず、ショッピングスキップ払いの金利はリボ払いと同じ年利15.0%(月利1.25%)になっています。

金利が15%だとすると気を付けなければならないのが、ショッピングスキップ払いで延ばした月数によってはリボ払いの方がお得ということが起こり得ます。

仮に、6ケ月延ばすと手数料の金利は7.5%になります。

そこで、上記の20万円を6ケ月後に一括で支払ったとすると手数料は20万円×7.5%で15,000円になりますが、例えば、20万円を月額2万円のリボ払いにすると、支払回数が11回で、利息総額は14,776円です。

結果的にリボ払いにした方がお得ということです。ただ当然、月額が2万円未満になるとリボ払いの方の利息が多くなります。消費者金融初めての人は分からないと思いますが、消費者金融では金利は18.0%なので、まだスキップ払いの15.0%の方が安いのです。

ショッピングスキップ払いの利用可能カード

ショッピングスキップ払いの対象となるカードは「JCB発行のクレジットカード(プロパーカード+提携カード)」で、且つ、分割払いのできるものに限られます。

リボ払い専用カードは対象外です。また、「支払い名人」を利用している場合はショッピングスキップ払いができません。支払い名人というのは、1回払いにしたものが自動的にリボ払いになるサービスのことです。

ボーナス払い

ショッピングスキップ払いに似た支払い方法に「ボーナス1回払い」があります。ボーナス1回払いであれば、手数料が0円で支払いを先延ばしにすることができます。

ショッピングスキップ払いのような無駄な手数料を支払うことがありません。

JCBカードの場合、夏の8月10日と冬の1月10日がボーナス1回払いの支払い日です。ボーナス月の支払いが可能であれば、手数料の掛からないボーナス1回払いを選択した方が絶対にお得です。

ショッピングスキップ払いは当初に1回払いで申請した後になって支払えなくなったことに対する救済処置のようなものであり、2~3か月後に一括で支払える場合は有効な手段となります。

しかし、ショッピングスキップ払いを申込むということは買い物を「失敗した」ということに違いはありません。

ちなみに、ショッピングスキップ払いの再スキップは不可ですが、「まとめ払い(繰上返済)」によって支払いを早めることはできます。支払える時には1ケ月でも早く支払うのが無駄な手数料を払わずに済む常道です。